炭酸泉の効果

炭酸泉の力をご存知ですか?

炭酸泉のイメージ

炭酸泉とは

炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことで、
お湯1リットルに炭酸ガスが0.25g(250ppm)以上溶け たものです。なかでも、1g(1,000ppm)以上のものを高濃度炭酸泉といい、炭酸泉は濃度が高ければ高いほど その効果を発揮すると言われています。
炭酸泉は他の温泉にはない、独自で明確な作用があるこ とが医学的にも証明されています。

今、注目されている高濃度炭酸泉の効果

炭酸泉の効果、導き

高濃度炭酸泉を浴びる、もしくは浸かった直後からお湯に溶けている炭酸ガスが効率よく皮膚から吸収され体内の炭酸 ガス濃度の上昇により血管が酸欠状態と勘違いをして、体中の酸素が集まり強力な血管拡張作用をもたらします。
そのため、ぬるめのお湯でも実際の温度より約2、3度温かく感じ、体温が上昇し皮膚は少し赤みを帯びてきます。
集まってきた酸素は、血液のPHが低下するため、ヘモグロビンから離れ、結果として酸素供給量が増えることになりま す。これが高濃度炭酸泉によって得られる「ボーア効果」です。

座った姿勢で足を湯に浸す足浴でも、足から全身に『血管拡張作用』と『リラクゼーション効果』が広がります。通常の入浴に比べ心臓への負担が少ないため高血圧や心疾患を持つ方、高齢者や体力の弱い方にも適しています。
また、関節痛、冷え性、床ずれ改善の補助として、健康長寿社会実現に期待されています。 また、近年はアトピー性皮膚炎改善や安眠・快眠効果の評価が高まっており多くの施設で導入されてきています。

入浴、洗顔のイメージ

ヨーロッパでは「心臓の湯」とよばれ19世紀半ばから炭酸泉による入浴療法が盛んで、循環器系疾患をはじめ様々な病 気の治療や症状の改善・リハビリなど医療目的で炭酸泉が各方面において広く活用されています。 その事から、ドイツでは健康保険が適用されています。

炭酸泉の適応症(ヨーロッパでの基準)

  • 1. 捻挫または筋挫傷
  • 2. 拘縮
  • 3. リューマチ性関節疾患
  • 4. 疼痛と搔痒
  • 5. 皮膚の状態(乾癬、アトピー性皮膚炎)
  • 6. 骨関節炎
  • 7. 骨折
  • 8. 下肢糖尿病性潰瘍
  • 9. 下肢末梢動脈性虚血性潰瘍
  • 10. 下肢静脈性潰瘍
  • 11. 手足、手/手首、または肘の慢性潰瘍
  • 12. 褥瘡
  • 13. 熱傷
  • 14. 下肢末梢動脈性虚血性疾患
  • 15. 四肢の浮腫
  • 16. 関節及び軟部組織の術後の修復促進

炭酸泉に入浴すると炭酸ガスが皮膚の毛穴から体内に吸収され、血流量が通常の入浴の3倍程度増加します。血液は栄 養も運びますので、血液の流れが良くなることは私たちの体にとってとても良いことです。炭酸泉に浸けると、2~3分後には浸けた部分が赤くなり、浸かっていない部分とはっきり境界線ができるほど違いがあります。

炭酸泉は美容にも利用されており、弱酸性(PH値が4.5~5程度)を示すため肌や髪(キューティクル)を引き締め(ア ストリンゼント効果)表面をスベスベにします。
弱酸性により頭皮や毛穴を清潔に保ち、ニオイの元となる雑菌の繁殖を抑制するため、年齢とともに増える臭いを抑え るなどの効果があります。